睡眠の質って何?レム睡眠・ノンレム睡眠の不思議な性質

睡眠の質について

 

最近睡眠の質って言葉をよく聞くんだけど、
睡眠の質って何なんだろう?


 

あなたにはこんな経験ありませんか?

  • 十分眠っているのになかなか眠気が取れない。
  • それどころか、長く寝すぎて疲れることがある。
  • 睡眠薬を使って眠っても、全くスッキリしない。

睡眠を改善するためには、睡眠の量だけでなく、質も改善していく必要があるんです。

睡眠の質とは?レム睡眠とノンレム睡眠の特徴

では、睡眠の質とは結局何なのか?
その秘密を解く鍵は、レム睡眠やノンレム睡眠にあると考えられています。

 

睡眠

私たちが睡眠と呼んでいるものは、
脳波によって大きくノンレム睡眠レム睡眠の2種類に分かれ、
これらの睡眠が交互に現れています。

覚醒→ノンレム睡眠→レム睡眠→ノンレム睡眠→レム睡眠・・・

 

各睡眠の特徴は以下の通りです。

ノンレム睡眠の特徴

  • 脳はほとんど活動していないため、一般に深い睡眠と考えられている
  • 眠りについてからまずはじめに現れる睡眠状態
  • 身体からの刺激が伝わりやすく、目覚めやすい
  • 寝返りなど、身体の運動がある

レム睡眠の特徴

  • 脳が強く活動するため、一般に浅い睡眠と考えられている
  • 必ずノンレム睡眠の後に現れる睡眠状態
  • 身体からの刺激はほとんど脳に伝わらない
  • 眼球が激しく運動する
  • 身体はほとんど動かない
  • 不思議な夢を見る

 

覚醒状態とノンレム睡眠が全く異なるのと同じように
ノンレム睡眠とレム睡眠も体や脳の状態は全く異なります。

 

疲れや眠気をとるために、どちらの睡眠が効果的かは
最新の研究でもしっかりと解明はされていません。

 

しかし、長時間眠らずにいた人と、普通の人を比べると、
長時間眠らずにいた人の方が、
レム睡眠が現れるまでの時間が短くなったという報告があります。

 

そのため、レム睡眠の方が疲れや眠気の解消に
重要なのではないかとも考えられているようです。

 

いずれにしても、レム睡眠やノンレム睡眠をバランスよくとることが
睡眠の質の改善につながるのではないでしょうか?

 

ひょっとしてあなたも、レム睡眠不足や、ノンレム睡眠不足ではないですか?

睡眠の質を改善するためには

快眠のためには、睡眠時間にばかりこだわらないことが重要です。
いくら長い時間眠っていても、
レム睡眠やノンレム睡眠の一方が極端に不足していては
健康的とは言えません。

 

レム睡眠とノンレム睡眠では脳の活動は全く異なるため、
使用される脳内物質も全く異なってきます。
睡眠の質を改善するには、
脳に必要な成分をバランスよく摂り入れておくことが大切です。

 

現在、睡眠の量を増やす医薬品はありますが、
睡眠の質を上げる医薬品はありません。

 

そのため、睡眠の質を上げるためには、
睡眠に良いとされる食材をたくさん摂り入れたり、
スッキリ眠れると評判のサプリを使用する以外にありません。

 

リラクミンナイト
リラクミンシリーズの中では、
睡眠の質を向上に特化したリラクミンナイトはとてもオススメです。

 

リラクミンナイトについて詳しくはこちらの記事で紹介をしています。
リラクミンナイトは効果なし?真相を暴露します

 

 

page top