リラクミンクリアとリラクミンSeの違いとは?

リラクミンクリアとリラクミンSeの違いについて

 

リラクミンクリアリラクミンSeって、効果が似てるんだよね〜
結局何が違うんだろう?


 

リラクミンクリアとリラクミンSeは、細かい違いはありますが、
最大の違いは「含まれる主要な成分」です。


 

リラクミンクリア

リラクミンクリアには

  • セントジョーンズワート 300mg
  • クワンソウ 105mg
  • ギャバ 60mg
  • トリプトファン 60mg
  • エゾウコギエキス 12mg

が含まれています。

 

 

リラクミンSe

これに対してリラクミンSeには

  • ラフマ葉エキス 50mg
  • ギャバ 50mg
  • クワンソウ 100mg

が含まれています。

 

 

 

 

成分も一見すると似ていますが、最大の違いは、
セントジョーンズワートかラフマ葉エキスか
にあります。

 

この違いがどのような効果の違いを生んでいくかを
詳しくご紹介していきます。

見てのとおり、リラクミンクリアの方がリラクミンSeよりも
同じ成分もやや多めに含まれていますね。
このことが、リラクミンクリアの方がリラクミンSeよりも
少し値段が高い理由なのかもしれません。

リラクミンクリアとリラクミンSeの効果の違い

リラクミンクリアに含まれるセントジョーンズワートと
リラクミンSeに含まれるラフマ葉エキスは、
ともに体内でセロトニンを増やす効果があります。

 

そのため、イライラや不安を解消したり、
朝スッキリ目覚めるなど、セロトニンによる効果が期待できます。

 

一方、セントジョーンズワートとラフマ葉は
副作用や飲み合わせが決定的に異なります。

 

ラフマ葉

 

 

ラフマ葉は副作用がほとんど確認されていません。
また、医薬品等との飲みあわせにも特に注意は不要で、
比較的安全な健康食品と考えられています。

 

 

 

 

セントジョーンズワート

 

一方で、セントジョーンズワートも
副作用の少ない食品ではあるのですが
体質によってはめまいや頭痛、吐き気などの
副作用が表れることがあります。

 

また、注意すべきは医薬品との飲みあわせです。

 

セントジョーンズワートは免疫抑制剤や強心剤など、
多くの医薬品の効果を弱めたり強めたりすることが確認されています。

 

特に、心療内科などで処方される向精神薬と併用すると
効果が強く表れすぎてしまうこともあるようです。

 

医療機関で薬の処方を受けている方は
リラクミンクリアとの併用は控えた方がよさそうです。

 

以上の内容は、実際にリラクミンシリーズの販売元である
リラクルの公式サイトでも注意されています。

 

リラクミンクリアの注意点

 

参考:リラクミンシリーズのよくある質問

リラクミンクリアとリラクミンSeの口コミ評価の違い

リラクミンクリアとリラクミンSeの違いは、
悪い口コミにもよく表れています。

リラクミンクリアの悪い口コミ

自分には合いませんでした。
気分が悪くなり止めました。

セントジョーンズワートがうつっぽい気分に効くと聞いたので、
試しましたが、かえって興奮気味になり、
むしろ眠れなくなりました。
普通のリラクミンを買い直します。

私には合わないです。
体調くずしてたいへんだ。

リラクミンSeの悪い口コミ

10日くらい継続しましたが
はっきりとした変化は感じられません。
もう少し継続してみます・・・。

購入後、この睡眠薬サブリメンをト10日程、使用したが、
結果は、私に合わないのか、
思った程、成果は得られず期待はずれでした。

悪い口コミの比較

リラクミンSeの悪い口コミは、
期待したほど効果がなかったというものが大半でした。
眠気以外に、副作用が表れたという報告は、
私が調べた限りではありませんでした。

 

一方で、リラクミンクリアの悪い口コミは、
体調が悪くなるなど、副作用が表れたという意見が多かったです。

もちろん、ここでご紹介した口コミは
全体のごくごく一部ですので、
過度に心配する必要はないのかもしれません。

まとめ

リラクミンクリアは効果が強く表れやすい反面、
副作用まで表れてしまう危険性があります。

 

一方で、リラクミンSeは身体に優しく、効果が穏やかである反面、
効果を実感しにくいことがあります。

 

あなたの体質や使用目的に合った商品をお選びください。

ただし、向精神薬との併用を考えている方には
リラクミンSeの方をおすすめします。

 

page top